2008年04月26日

たぬきの糸車読みます



教科書 読むのは得意だそうです。
じょうずに読めてると思います!!(オヤバカ)
3分45秒、お付き合いください♪

・たぬきの糸車

むかし、ある山おくに、きこりの ふうふが すんでいました。
山おくの 一けんやなので、まいばんのように たぬきが
やってきて、いたずらを しました。
そこで、きこりは わなを しかけました。

ある 月の きれいな ばんのこと、おかみさんは、糸車を
まわして、糸を つむいで いました。

キーカラカラ キーカラカラ
キークルクル キークルクル

ふと 気が つくと、やぶれしょうじの あなから、二つの
くりくりした 目玉が、こちらを のぞいて いました。

糸車が キークルクルと まわるに つれて、二つの 目玉も、
くるりくるりと まわりました。
そして、月の あかるい しょうじに、糸車を まわす
まねを する たぬきの かげが うつりました。

おかみさんは、おもわず ふき出しそうに なりましたが、
だまって 糸車を まわして いました。

それからと いう もの、たぬきは、まいばん まいばん
やって きて、糸車を まわす まねを くりかえしました。
「いたずらもんだが、かわいいな。」

ある ばん、こやの うらで、キャーッと いう さけびごえが
しました。おかみさんが こわごわ いって みると、
いつもの たぬきが、わなに かかって いました。
「かわいそうに。わなになんか かかるんじゃ ないよ。
たぬきじるに されて しまうで」おかみさんは そう いって、
たぬきを にがして やりました。

やがて 山の 木の はが おちて、ふゆが やって きました。
ゆきが ふりはじめると、きこりの ふうふは、村へ 下りて 行きました。

はるに なって、また、きこりのふうふは、山おくの こやに
もどって きました。

とを あけた とき、おかみさんは あっと おどろきました。

いたの間に、白い 糸の たばが、山のように つんで あったのです。
そのうえ、ほこりだらけの はずの 糸車には、まきかけた 糸まで
かかって います。
「はあて、ふしぎな。どう した こっちゃ。」
おかみさんは、そう おもいながら、土間で ごはんを
たきはじめました。すると、

キーカラカラ キーカラカラ
キークルクル キークルクル
と、糸車の まわる 音が、きこえて きました。
びっくりして ふりむくと、いたどの かげから、ちゃいろの
しっぽが ちらりと 見えました。

そっと のぞくと、いつかの たぬきが、じょうずな 手つきで、
糸を つむいで いるのでした。
たぬきは、つむぎおわると、こんどは、いつも おかみさんが
して いた とおりに、たばねて わきに つみかさねました。

たぬきは、ふいに、おかみさんが のぞいて いるのに 気が
つきました。

たぬきは、ぴょこんと そとに とび下りました。そして、うれしくて
たまらないと いうように、ぴょんぴょこ おどりながら
かえって いきましたとさ。


おしまい

うぅ・・・ながい

ラベル:たぬきの糸車
posted by みずい at 08:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長かったけど、ちゃんと読めましたね。
「みずいのコトバ」で音声ブログやってるからかもしれませんね。
このお話は、はじめて聞きました。
Posted by ベンジー at 2008年04月26日 22:46
たぬきの話ははじめて聞きましたが、みずいちゃんよくお話できましたね。
Posted by 犬ポン at 2008年05月10日 07:45
■コメントありがとうございます。

>ベンジーさん
いつもありがとうございます!
そっか!このブログのお陰で上手になったのかもですね。
練習のためにも、もっと録音してもらいます!

>犬ポンさん
いらっしゃいませ!
チチも初めてききました。
教科書にのってるんですけど、本としては、出てるのかなぁ?
調べてみます!


ありがとうございました。
Posted by チチみずい at 2008年05月26日 04:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。